プロミスで借入をするためには審査に通過しなければなりませんが、どのような基準になっているのか知りたいですよね。
早く融資を受けたいと思っている人が多い訳ですから、審査の基準が不明確だと手続きの支障が出て困ってしまいます。

そしてプロミスにキャッシングの申込をした場合、審査される事項は年齢、職業、勤務先の会社、勤続年数、年収、家族構成、居住形態などがあげられます。
また借入履歴、現在の借入額、事故情報などが登録されている信用情報もチェックされるので重要です。

プロミスの審査について

プロミスでは申込をした人の年齢、職業、勤務先の会社、勤続年数、年収などをそれぞれ個別に点数をつけて審査をする属性のスコアリングの方式によって行います。
例えば申込者の職業は公務員や大企業の会社員など高収入で安定した収入が期待できる仕事の場合は点数が高くなり、自営業、パートやアルバイトなど収入が少ないか不安定な人は点数が低くなります。
また勤続年数は10年以上あれば評価が高く、半年から1年未満の場合は評価が低くなります。
それから年収は400万円以上あれば一定の点数をつけられ、200万円未満だとかなり点数が低くなってしまいます。

属性の審査をクリアするためにはそれぞれの点数をできるだけ高くすることが大切になってきます。

信用情報も重要なプロミスでの審査事項です

プロミスでは属性の審査と同等あるいはそれ以上に信用情報に登録されている内容が重要になってきます。
なぜなら消費者金融であるプロミスは申込者の年収の3分の1までしか融資することができないという総量規制の対象となる貸金業者なので、申込者の他社からの借入額をチェックすることになるからです。
そしてプロミスの場合、他社から借入がある場合は属性スコアリングが高くないと審査に通過することが難しくなります。

また消費者金融が個人に対してお金を貸す場合、その人のことをいかに信用できるかどうかが重要なポイントとなります。そのため申込者の個人情報に過去の延滞記録や債務整理をしたことなどが記載されていると信用できないと判断され、審査に落とされてしまうことになります。

その他、キャッシングの即日融資はプロミスが最速で、且つ無利息期間がある消費者金融は無いので、プロミスが最もお得に借りられます。